古事類苑>地部十五>近江國>郷
第 2 巻 1188 頁 画像表示

20頁後へ次のページへ   前のページへ20頁前へ
延暦四年四月六日 從儀師常耀

〔今昔物語  三十一〕
近江國鯉與鰐戰語第三十六 今昔、近江ノ國志賀ノ郡古市ノ郷ノ東南ニ、必見ノ瀬有リ、郷ノ南ノ邊ニ勢多河有リ、其ノ河ノ瀬也、其ノ瀬ニ大海ノ鰐上テ、江ノ鯉ト戰ケリ、〈◯下略〉

〔夫木和歌抄  三十一里〕
ふるいちの里〈近江〉 正安大嘗會 兼仲卿 ふるいちの名にあらはるヽ里なればひさしくかヽる池の藤波

〔松屋筆記  百五〕
近江國愛智郡古文書 蚊野郷戸主從八位下依知秦公成人解申、依正税稻賣買墾田券文立事、 十二條、八長田里、二十七廣田口、切田參段、 右件墾田、用正税稻漆拾貮束價直、切常土、與賣大國郷戸主勳九等依知秦公万歳麻呂既訖、望請依式立券文前、仍注事状以解、 弘仁十一年十二月五日 墾田主依知秦公富吉女

〔古事記  中開化〕
次袁邪本王者〈(開化皇子彦坐王子)葛野之別、近淡海蚊野○○之別祖也、〉

〔松屋筆記  百五〕
近江國愛智郡古文書 八木郷○○○戸主秦眞條戸同大00000001a704.gif女解申常土賣買墾田立券文事 十條九里二一六□田壹段 右件墾田、米參斛伍斗矣充價直、切常土、沽□大國郷戸主依知秦淨男既畢、仍立券文如件、以解、 承和十四年九月三日 賣人依知秦眞大00000001a704.gif

〔松屋筆記  百五〕
近江國愛智郡古文書 大國郷○○○戸主秦公宗直解申依所負官物常土賣買墾田立券文事