古事類苑>地部十四>常陸國>郷
第 2 巻 1128 頁 画像表示

20頁後へ次のページへ   前のページへ20頁前へ
 建武貳年九月日 沙彌存考〈花押◯土岐頼貞〉

〔吉田社文書  下〕
寄進虚空藏堂在家等事 合久恒以前堀内壹宇、并東内壹宇等者、 四至〈限東安主彦三郞知行分畠堺、限南禰宜四郞知行分、 限西田所恒長知行分畠堺、 限北彼堀内後大堀北7f0000650ffa.gif、 安主彦三郞畠引付此内虚空藏堂等有之 右地者、常陸國吉田郷○○○分内宿戸吉田社權現名内久恒□代相傳之地也、而間彼虚空藏堂佛物錢七貫文請負依不辨、彼錢以件堀内并東在家等、彼堂限永代寄進也、〈◯中略〉仍爲後日寄進状如件、 建武貳年十月十一日 吉田社大祝大舍人久恒〈花押〉

〔鹿島文書〕
下河邊左衞門藏人重状 下河邊左衞門藏人行景言上、欲早被嚴密御沙汰、御使注進分明上者、重被下御奉書、破却城墎沙汰付、下地全知行常陸國行方郡倉河郷○○○〈倉河三郞太郞次〉同郡小牧郷○○○〈小牧彌十郞跡〉事、 副進 二通 御奉書案 右巨細者言上畢、而於倉河郷者、午賀土用納禮丸押領之、至小牧郷内〈小牧彌十郞跡〉者、小牧彌十郞知行之、各構城墎、擬合戰之間、不沙汰付之由、御使注進分明也、然早重作御使被却城墎、被渡下地、爲知行、重言上如件、 文和三年八月

〔田文  七〕
與嫡子佐竹左近大夫將監義香所 一常陸國佐都西郡内太田郷○○○ 同國久慈東郡内高倉郡○○○ 同國那珂西郡 同國久慈庄 同國多珂庄 同國石崎保 同國那