このデータベースは、全国の各所蔵機関の協力を得て国文学研究資料館が撮影・収集した文献を、学術研究の向上のためにひろく公開していくことを目的としています。収録データには、個人の所蔵者のご厚意により撮影をおこなった画像情報、また、館蔵近代資料の一部も含まれています。

 データベースには、それぞれの文献を全ページにわたってデジタルカメラで撮影した画像データが所蔵機関ごとに納められていますが、著作権上、その一部または全部について館外から閲覧できないものがあります。

 プロジェクトの趣旨をご理解いただき、貴重な文献の撮影と公開を許諾して頂いた各所蔵機関ならびに個人の方々に、心より感謝申し上げます。

収集先一覧(近代画像)

※五十音順

上田市立図書館・花月文庫

飯島花月(文久3~昭和6)が収集した10,000点近い図書のコレクション。昭和28年に遺族から譲渡。飯島花月は本名保作。八十二銀行の創立に尽力する一方、江戸庶民文化の研究と古書の収集に力を入れ、俳人、随筆家としても知られた。本文庫が所蔵する明治期の文献は、戯文・漢詩文・俳諧などを中心に多種に及ぶ。稀本として知られる宮崎夢柳『鬼啾々』や、明治初期の雑誌なども所蔵する。

大阪府立大学学術情報センター図書館・近代文庫

明治初期から大正・昭和初期にかけての詩歌、小説、戯曲、評論等の初版本や初出誌からなるコレクション、約400点。詩歌集はとりわけ充実しており、日本近代詩研究上きわめて貴重。大阪府女子専門学校から引き継いだ大阪女子大学旧蔵書を中心に、文楽研究で知られる吉永孝雄氏の「吉永文庫」のうち近代文献を含む。

大阪大学附属図書館/小野文庫(古典)

近世歌謡研究家の忍頂寺務(1886-1951)が蒐集したコレクションは、1954年(昭和29)に「忍頂寺文庫」として大阪大学附属図書館に収まるが、務の令嬢小野麗子氏の手元に残されていた務旧蔵書の残余やその自筆資料・来翰類をまとめて、2000年(平成12)に「小野文庫」の名で同館が収蔵。総点数492点のうち、和本156点(近代資料含む)を収集。なお、当該書誌データは、「大阪大学附属図書館蔵 小野文庫目録」(『調査研究報告』第28号掲載)から、公開の便宜上、本データベースに統合したものであり、「単行本・逐次刊行物の別」の項目に、「標目カード」と仮に記載。

大阪大学附属図書館・小野文庫

近世歌謡研究家の忍頂寺務(1886-1951)が蒐集したコレクションは、1954年(昭和29)に「忍頂寺文庫」として大阪大学附属図書館に収まるが、務の令嬢小野麗子氏の手元に残されていた務旧蔵書の残余やその自筆資料・来翰類をまとめて、2000年(平成12)に「小野文庫」の名で同館が収蔵。総点数492点のうち、務自筆資料や稀覯雑誌類を収集。なお、当該書誌データは、「大阪大学附属図書館蔵 小野文庫目録」(『調査研究報告』第28号掲載)から、公開の便宜上、本データベースに統合したものであり、「単行本・逐次刊行物の別」の項目に、「標目カード」と仮に記載。

大阪大学附属図書館・忍頂寺文庫

近世歌謡研究家の忍頂寺務(1886-1951)旧蔵の、近世歌謡・近世小説コレクション1,990点からなる。古典籍については、当館のマイクロフィルム撮影による収集711点があり、うち680点はデジタル画像に変換し、「館蔵和古書目録データベース」より公開(「大阪大学附属図書館 忍頂寺文庫 画像一覧」参照)。洒落本139点は、「大阪大学総合学術博物館統合資料データベース」より「忍頂寺文庫洒落本データベース」として公開されている。忍頂寺務旧蔵資料の詳細は、『大阪大学附属図書館所蔵 忍頂寺文庫目録』(2011年)、「大阪大学附属図書館蔵 小野文庫目録」(2007年)、「仙台忍頂寺家所蔵資料目録」(2011年)、『近世風俗文化学の形成 ―忍頂寺務草稿および旧蔵書とその周辺』(2012年)等参照。

尾鷲市中央公民館・郷土室中村山土井家文庫

尾鷲市の豪農土井家の三世幹夫(弘化3~大正14)の旧蔵品を中心とした24,595点の史料のうち、書簡などを除いた3,700点あまりの蔵書。昭和59年寄贈。俳書や農書のほか、文学書、啓蒙書、雑誌を多く所蔵する。保存状態が極めて良好で善本が多い。各書肆の目録なども保存されている。

香川大学図書館・神原文庫

初代旧香川大学長・神原甚造(1884-1954)の旧蔵 図書・資料約12,000点、16,560冊(和漢書15,890、洋書670冊)他から成る文庫。江戸時代後期から明治初中期にか けての稀覯資料を多く含み、錦絵や洋学資料も充実。『神原文庫分類目録』(1964年)『神原文庫分類目録(続)』(1994年)あり。詳細は、香川大学図書館資料案内「神原文庫」参照。

鞍馬寺

京都市左京区の山中にある寺。「霊宝殿」の「与謝野記念室」には、与謝野鉄幹と晶子の遺品等を展示する。信楽香雲管長が晶子の直弟子だったことから、『新新訳源氏物語』や『冬柏』等の自筆原稿を多数保管する。境内には、鉄幹と晶子の歌碑や、東京・荻窪から移築した晶子の書斎「冬柏亭」がある。

高知市民図書館・近森文庫

高知市出身の元軍人で近代文学の愛好者であった近森重治氏の蔵書を高知市民図書館が購入して1974年に開設された。蔵書数は約7,000点、13,000冊。戦災によりいったん蔵書を失った近森氏が、戦後ふたたび各地の古書店を通して精力的に集めたものという。明治以降のものが中心で、全貌は『高知市民図書館・特設文庫総合目録』(高知市民図書館、1999年)によって知ることができる。1999年より、国文学研究資料館が協力してその調査・整理、および利用にむけたプロジェクトを進めており、ここに公開する画像データベースもその一環として作成された。

神戸大学附属図書館・住田文庫

海事史研究者として知られる住田正一(1892-1968)が大正14年頃までに収集した和漢書約6,500点から成る文庫。大正15年、神戸大学の前身官立神戸高等商業学校に譲渡されたもので、慶長より明治初年の資料を中心に海事関係や地誌関係の貴重書を多く含む。『住田文庫目録』(1968年)あり。詳細は、神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ「住田文庫について」参照。

国文学研究資料館

当館所蔵の、近代文学資料を中心とする画像データベース。「リプリント日本近代文学」 の刊行事業と連動して作成。なお、書誌データの「単行本・逐次刊行物の別」の項目に「標目カード」とあるものは、当館にて仮入力をおこなった情報を、公開の便宜上、本データベースに統合したことを示す。

堺市立文化館与謝野晶子文芸館

JR阪和線「堺市」駅に隣接する施設。与謝野晶子は堺の老舗和菓子屋「駿河屋」に生まれた。「堺市立文化館」は、「与謝野晶子文芸館」と「アルフォンス・ミュシャ館」を併設する。与謝野晶子の生涯と活動を、自筆資料や出版物等で紹介している。晶子の文学活動を支援した小林天眠のコーナーもある。

八戸市立図書館

明治7年に設立された私立の八戸書籍縦覧所の蔵書を母体とし、明治期の図書館の中でも有数の歴史を誇る。それらの蔵書は、明治13年設立の公立書籍館の蔵書とともに、弘観舎、八戸青年会などへと移管され、八戸町立図書館へと最終的に移管されるまで複雑な経緯をたどっている。明治期の啓蒙書を中心とした10,000点あまりの蔵書であり、近代の教育史においても貴重な資料である。

弘前市立弘前図書館

明治39年開館。小学校職員有志による弘前教育会が中心となって創立された私立弘前図書館(明治36年創立)の蔵書を引き継ぎ、ほかに津軽古図書保存会蔵書や津軽家文書を移管。東奥義塾旧蔵書や、明治初期の切附本を多く含む岩見文庫など、多数の明治期図書を蔵する。

山梨大学附属図書館・近代文学文庫

昭和25年開設。政治小説の代表作である宮崎夢柳の『虚無党実伝記/鬼啾啾』(明治18年)といった稀覯本をはじめ、明治・大正・昭和期の日本文学を彩るさまざまな作家の初版本や文芸雑誌が多く収蔵され、現在も収集が継続されている。『近代文学文庫目録』(昭和43年、山梨大学附属図書館)がある。

横浜市中央図書館

1994年4月開館とまだ日は浅いが、その蔵書数は約157万冊(平成21年度報告)に及ぶ大型図書館。とりわけ、横浜関連の資料収集に努めており、そのうちの、幕末から大正期にかけて出版された横浜ゆかりの洋学・聖書コレクション、約350冊については、横浜市立図書館デジタルアーカイブ「Yokohama's Memory 「都市横浜の記憶」」のコンテンツとして公開されている。国文学研究資料館では、貴重書庫に収められている典籍を中心に調査収集を行う。

立命館大学図書館・人文系文献資料室

人文系文献資料室は、文学部の専攻に関わる人文科学分野の研究資料を所蔵しており、かつて、教員の個人研究室や共同研究室に配架されていたものを1箇所に集め、分野を越えて情報を得やすくした共同図書室という伝来をもつ。なかでも、和装本・線装本漢籍・明治大正期の文学書など、専門性の高い資料を多く保存しており、これらは、特別図書として別置管理されている。古典籍の一部資料については、立命館大学所蔵貴重書アーカイブ 日本文学・芸術篇にて全文画像が公開されている。2005年より、立命館大学図書館と国文学研究資料館は学術協定を締結し、相互協力のもとに調査収集プロジェクトを進めており、ここに公開する画像データベースもその一環として作成された。

立命館大学図書館・白楊荘文庫

白楊荘文庫は、日本近代文学研究者で歌人でもあった小泉苳三(1894-1957)の、近代短歌を中心とする歌書コレクション。図書2,132冊、雑誌448タイトル。小泉は、1937年立命館大学専門学部文学科教授に迎え入れられ、1947年までの10年間、同大学に勤務。専門は近代短歌史で、『明治大正短歌資料大成』(全三巻、立命館出版部)等の大著あり。歌人としても、短歌結社「ポトナム短歌会」を主催し、雑誌『ポトナム』を創刊する他、『夕潮』『くさふぢ』『山西戦線』『くさふぢ以後』の4冊の歌集を刊行。白楊荘文庫には、小泉宛に寄贈されたと思しき、非売品の歌集も少なからず含まれており、コレクションを一層多彩なものとしている。書籍・雑誌の一部資料については、立命館大学所蔵貴重書アーカイブ 日本文学・芸術篇にて全文画像が公開されている。2005年より、立命館大学図書館と国文学研究資料館は学術協定を締結し、相互協力のもとに調査収集プロジェクトを進めており、ここに公開する画像データベースもその一環として作成された。

これらのデータベースの著作権は国文学研究資料館にあります。研究論文等で参照した際は、当該データベースによる旨を明記してください。
また、本データベースに収められた画像データはすべて各所蔵機関・所蔵者ならびに国文学研究資料館に帰属します。
画像データの複製および再掲載を固く禁じます。