UNION CATALOGUE OF EARLY JAPANESE BOOKS IN EUROPE

This project was launched by Peter Kornicki and Hayashi Nozomu in 1988 following the triennial conference of the European Association for Japanese Studies held at Durham in the north of England. It has received the generous support of the Leverhulme Trust, the late Mr Sorimachi Shigeo, the Japan Foundation Endowment Committee, the Faculty of Oriental Studies at the University of Cambridge and Robinson College, Cambridge. The project was formulated by Kornicki and Hayashi. Mr Yamaguchi Yoji was employed as a research assistant for four years and worked mainly on the collections in Paris and Belgium, although he also assisted Kornicki with the collections in Stockholm, Berlin, Naples and Rome. Hayashi covered the collections in the British Library and the Bodleian Library, Oxford, and all the remaining collections were covered by Kornicki. Some collections have not been examined personally, mainly the collections in Germany (except Berlin and Halle) and the Netherlands; in these cases users of the Union Catalogue should refer to the published catalogues for further information. The inputting was done by Kornicki in Cambridge until 2001. Since then the NIJL has taken over the inputting under the direction of Professor Ito Tetsuya. In November 2001 the Union Catalogue become freely accessible on the web; the data retrieval systems were created by Mr Ouchi Hidenori. Data input and revision is continuing. Many individuals have lent their assistance and support including the late Dr Libuse Bohackova, the late Ken Gardner, the late Mr Sorimachi, Aleksandr Kabanov, Val Hamilton, Hiroko McDermott, Noboru Koyama and countless librarians all over Europe. To them all I express here my hearfelt thanks.


欧州所在日本古書総合目録について

本プロジェクトは、1988年(昭和63年)にイギリス北部のダラム市で行われたヨーロッパ日本研究協会の会議の席上、林望とピーター・コーニツキーによって発足されました。それ以来、リーバーヒューム基金、故反町茂雄氏、ケンブリッジ大学などの援助を受けてきました。記して感謝の意を表します。 欧州所在日本古書総合目録プロジェクトは、林・コーニツキーによって企画されました。助手として山口謡司が4年間、主にパリ、ベルギーの各コレクションを調査し、また、コーニツキーとともにストックホルム、ベルリン、ナポリ、ローマのそれぞれのコレクションも調査しました。大英図書館およびオックスフォード大学附属ボドリアン図書館のコレクションは、林が担当しました。その他のコレクションはコーニツキーが調査に当たりました。オランダ、ドイツの場合、ベルリンおよびハレのコレクション以外は、既に刊行されているケーレン氏およびクラフト氏が作成した目録を頼りにしました。入力は、2001年までは、コーニツキーが担当しました。その後のデータ入力は国文学研究資料館が引き継ぎ、伊藤鉄也が担当しました。2001年11月にweb公開を行い、検索システム等は大内英範が構築し、順次データの追加・更新を行なっている。 末尾ながら、プラハの故リブセ・ボハチコヴァ氏、ロンドンの故ケネス・ガードナー氏、故反町茂雄氏、アレクサンドル・カバノフ氏、ヴァル・ハミルトン氏、ヒロコ・マックダーモット氏、小山謄氏をはじめ、数多くの司書の方々などに色々とお世話になりましたこと、心からお礼を申し上げる次第です。(2011年11月)