古事類苑>地部三十七>道路>道法
第 3 巻 39 頁 画像表示

20頁後へ次のページへ   前のページへ20頁前へ
月日 奉行

道法
〔和漢三才圖會  五十六山〕
里數 公羊傳注云、古者方六尺爲歩、方一里計十二萬九千六百歩、 按、是乃合元會運世之數矣、其十二萬九千六百歩開平法、知方三百六十歩、乃日本六町也、中叔舟海東諸國記云、道路用日本里數、其一里准華之十里、 按、倭一里、古者五十町、〈其一町六十歩也、其一歩六尺五寸、〉諸國記之説大概合焉、中古以來、用三十六町、〈其一歩用六尺〉當華之六里、今亦和河泉伊勢等之南海道多用古道、〈其餘用三十六町〉又奧州驛路外、多以六町一里之、

〔玉勝間  十一〕
三十六町を一里とする事 道のほどを卅六町を一里とするは、いつの世よりのさだめならむ、ある説に、織田大臣の世よりの事なりといふはたがへり、堯孝僧都の富士の道記に、近江のむさの宿を、都より十三里といひ、美濃のたる井を、むさより十四里などいへる、すべて今の世のさだめと同じ、此事なほ他書にもあるべきを、心つかず、これはたヾふと心づきたるまヽに書おけるをあげたるなり、

〔安齋隨筆  前編十五〕
一道路里數 勘者御伽雙紙に云、塵劫記ニ云、曲尺六尺五寸を一間とし、六十間を一丁とし、三十六町を一里とす、或人云、伊勢道は四十八町を一里とすといひ傳へたり、近ごろ一算士の説を聞くに、伊勢道四十八丁と云は僞なり、馬子駕籠かきの類の爲にする事ある故、かヽる事をいひなすなり、東海道の里程は、曲尺六尺を一間とし、六十間を一町とし、三十六町を一里とす、伊勢道は只六尺五寸を一間とするのみたがひて、餘數は東海道に替る事なしといへり、然れば伊勢道は一里六尺間の三十九町にあたるなり、一里ごとに三町多し、伊勢道の十二里は、東海道の十三里に當るなり、いかなる故に四十八町を一里とするぞといへるを考るに、山田の外宮宇治の内宮の間、四十八町あり、是を所の人一里と稱するより起るなるべしといへり、又或儒者の云、西國はみな四十八町を一里とすといへり、又延喜式東西兩京の丈尺を記するにも