古事類苑>地部一>地總載>名稱
第 2 巻 2 頁 画像表示

20頁後へ次のページへ   前のページへ20頁前へ
ニ分チ、琉球國ヲ我ガ封土ト爲ス、是ニ於テ總テ八十五國トナル、尋デ又臺灣、及ビ樺太半部ヲ割取シ、朝鮮ヲ併合シテ、其疆域ノ大ナル、今日ノ如キハ、未ダ曾テ有ラザル所ナリ、縣ハ、アガタト云フ、後世ノ郡ノ類ナリ、但シ上古ハ、縣ト國トハ相並ビタルモノニテ、縣主ハ、必ズシモ國造ノ下ニ在ラザリキ、郡ハ、コホリト云フ、國内ニ於ケル一區域ナリ、孝徳天皇ノ大化二年、始テ郡ヲ大、中、小ノ三等ニ分ツ、大寶制令ノ時、之ヲ改テ大、上、中、下、小ノ五等ト爲シ、國ヲシテ之ヲ管セシム、郷、里ハ、共ニサトヽ訓ズ、郡内ノ一小區域ナリ、大寶ノ制、五十戸ヲ以テ一里ト爲シ、之ヲ郡ノ下ニ置ク、元正天皇ノ靈龜元年ニ至リテ、里ヲ改テ郷ト爲シ、郷ノ下ニ更ニ里ヲ置ケリ、後世多ク村名ヲ用ヰルニ至リテ、郷里ノ制漸ク廢セリ、村ハ、ムラト訓ズ、郷内ノ小區域ナレドモ、郷里ノ稱廢シテヨリ直ニ郡ニ屬セリ、地名ニ好字ヲ用ヰルコトハ、元明天皇ノ和銅六年ノ制ニシテ、風土記ヲ作ルコトモ亦此時ニ起ル、徳川幕府ノ時、史局ヲ置テ、新ニ地誌ヲ編修セシメシコトアリト雖モ竟ニ成ラズ、地圖ヲ製スルコトハ、天武天皇ノ時ヲ以テ初トス、而シテ今傳ハル所ハ拾芥抄ニ載スル僧行基ノ作、最モ舊シト云ヘリ、
名稱
〔類聚名義抄  六土〕
地〈題利反トコロ〉 〈坤也〉

〔段注説文解字  十三下土〕
7f0000631047.gif元气初分、輕清昜爲天、重濁侌爲地、〈元者始也、陰陽大論曰、黄帝問於岐伯曰、地之爲下否乎、岐伯曰、地爲人之下、大虚之中者也、黄帝曰、馮乎、岐伯曰、大氣擧之也、按地之重濁而包擧乎、輕清之氣中、是以不墜、〉萬物所敶列也、〈◯註略〉从土〈地以土生物故从土〉也聲、〈坤道成女、元牝之門、爲天地根、故其字从也、或云从土、乙力其可笑、有此者、徒四切、古音在十七部、漢書或假爲第但也之第、〉

〔釋名  一釋地〕
地者底也、其體底下載萬物也、亦言諦也、五土所生莫信諦也、易謂之坤、坤順也上順乾也、