古筆切_所収書目

古筆切所収情報データベース所収の影印・図録・雑誌・論文

古筆:影印
(115件)
・小松茂美『古筆学大成』全30巻(1989年1月~1993年11月 講談社) ※第30巻補遺は図版1点ずつ、他は目次のみデータ化。
・古筆学研究所編『過眼墨宝撰集』全10巻(1987年7月~1996年3月 旺文社)
・古筆手鑑大成編集委員会編『古筆手鑑大成』全16巻(1983年11月~1995年12月 角川書店)
・徳川黎明会編『徳川黎明会叢書 古筆手鑑篇』全5巻(1986年2月~1994年1月 思文閣出版)
・小松茂美編『日本書蹟大鑑』全25巻(1978年5月~1980年6月 講談社)
      *     *     *
・田中登『平成新修古筆資料集 3』(2006年1月 思文閣出版)
・久曽神昇『和歌懐紙集成』(2005年8月 汲古書院)
・国文学研究資料館編『古筆への誘い』(2005年3月 三弥井書店)
・井上宗雄・岡崎久司編『大東急記念文庫善本叢刊 中古中世篇 別巻3 重要文化財 手鑑 鴻池家旧蔵』(2004年8月 汲古書院)
・村上翠亭・高城弘一・松村一徳・小林強・中村健太郎『古筆鑑定必携 古筆鑑定と極札』(2004年3月 淡交社)
・兼築信行編『変体仮名速習帳』(2003年3月 早稲田大学文学部)
・田中登『平成新修古筆資料集 2』(2003年2月 思文閣出版)
・久曽神昇『物語古筆断簡集成』(2002年1月 汲古書院)
・国立歴史民俗博物館館蔵史料編集会編『国立歴史民俗博物館蔵 貴重典籍叢書 第20巻 古筆』(2001年1月 臨川書店)
・久曽神昇『私撰集残簡集成』(2001年1月 汲古書院)
・久曽神昇『源物語断簡集成』(2000年12月 汲古書院)
・小林強・高城弘一『古筆切研究』1(2000年4月 思文閣出版)
・田中登『平成新修古筆資料集 1』(2000年3月 思文閣出版)
・久保木哲夫・杉谷寿郎・平林盛得・別府節子編『古筆手鑑叢刊1 宮内庁書陵部蔵 古筆手鑑』(1999年10月 貴重本刊行会)
・久曽神昇『古筆切影印解説 3 新古今集編 』(1999年3月 風間書房)
・古谷稔監修『古筆手鑑披香殿(上)(下) 川崎市市民ミュージアム所蔵』(1999年3月 淡交社)
・久曽神昇『和漢朗詠集切集成』(1998年6月 汲古書院)
・久曽神昇『古筆切影印解説 2 六勅撰集編 』(1996年6月 風間書房)
・久曽神昇『古筆切影印解説 1 古今集編 』(1995年7月 風間書房)
・久保田淳監修『筆林 三井文庫蔵古筆手鑑』(1995年6月 貴重本刊行会)
・冷泉家時雨亭文庫編『冷泉家時雨亭叢書 第9巻 俊成定家詠草 古筆断簡』(1995年2月 朝日新聞社)
・藤井隆・田中登『続々 国文学古筆切入門』(1992年5月 和泉書院)
・久保田淳監修『三井文庫蔵 重要文化財 高松帖』(1990年8月 貴重本刊行会)
・慶応義塾大学附属研究所斯道文庫講座編『慶應義塾図書館蔵 小津家古筆切聚影』(1989年7月 汲古書院)
・藤井隆・田中登『続 国文学古筆切入門』(1989年4月 和泉書院)
・田中登・成沢勝嗣『須磨寺塔頭正覚院所蔵 古筆貼交屏風』(1988年8月 ジュンク堂書店)
・伊井春樹・大阪大学古代中世文学研究会編『古筆切集 浄照房蔵』(1988年6月 和泉書院)
・永青文庫編『細川家永青文庫叢刊 別巻 手鑑』(1985年2月 汲古書院)
・藤井隆・田中登『国文学古筆切入門』(1985年2月 和泉書院)
古筆:図録等
(45件)
・『悠久のロマンを抱く 名家の手紙 陽明文庫所蔵名品による』(2007年5月 社団法人日本書芸院・読売新聞社)
・『書のデザイン 書の名筆Ⅲ』(2007年1月 出光美術館)
・『古今和歌集一一〇〇年記念祭 歌仙の饗宴』(2006年1月 出光美術館)
・『平安の仮名 鎌倉の仮名』(2005年11月 出光美術館)
・『やまとうた一千年 古今集から新古今集の名筆をたどる』(2005年10月 五島美術館)
・『秋の特別展 古今集の古筆』(2005年 春日井市道風記念館)
・『秋の特別展 国文学と古筆』(2004年 春日井市道風記念館)
・『西本願寺展 御影堂平成大修復事業記念』(2003年3月 東京国立博物館・NHK・NHKプロモーション)
・『植村和堂寄贈品図録』(2002年10月 二玄社)
・『日本の歴史を彩った女性の書 2002日本書芸院展 特別展観図録』(2002年5月 社団法人日本書芸院・読売新聞社)
・『特別展 禅院の美術 建仁寺正伝永源院の名宝』(2000年4月 和泉市久保惣記念美術館)
・『彩られた紙 料紙装飾』(2001年10月 徳川美術館)
・『北条時宗とその時代展』(2001年4月 NHK・NHKプロモーション)
・『佐佐木信綱資料館収蔵品図録』(2001年3月 鈴鹿市教育委員会)
・『春期特別展 春の玉手箱』(2000年3月 Miho Museum)
・『秋の特別展 諸家集の古筆』(2000年 春日井市道風記念館)
・『大阪青山短期大学所蔵品図録 2』(1999年9月 大阪青山短期大学)
・『秋の特別展 三代集の古筆』(1999年 春日井市道風記念館)
・『高野山正智院の歴史と美術』(1998年9月 高野山霊宝館)
・『秋の特別展 和漢朗詠集の古筆』(1998年 春日井市道風記念館)
・『平成九年度新春展 倭文亭文庫コレクション 古書画との出会い』(1997年1月 茶道資料館)
・『Miho Museum 北館図録』(1997年 Miho Museum)
・『秋の特別展 歌合の古筆』(1997年 春日井市道風記念館)
・『冷泉家の至宝展』(1997年 NHK・NHKプロモーション)
・『道風記念館蔵品図録』(1996年3月 春日井市道風記念館)
・『サンリツ服部美術館所蔵 名品聚』(1995年6月 サンリツ服部美術館)
・『古典籍と古筆切 鶴見大学蔵貴重書展解説図録』(1994年10月 鶴見大学)
・『大阪青山短期大学所蔵品図録 1』(1992年10月 大阪青山短期大学)
・『出光美術館蔵品図録 書』(1992年7月 平凡社)
・『特別展 藤原俊成の古典』(1991年10月 蒲郡市博物館)
・毎日新聞社至宝委員会事務局編『皇室の至宝 東山御文庫御物』1~4(1991年3月~2000年4月 毎日新聞社)
・『特別展 宸翰 天皇とその周辺の書』(1990年10月 王舎城美術宝物館)
・『桃山の遊楽 吉野懐紙とその時代』(1990年4月 仙台市博物館)
・『特別展 古筆 王朝女手の美』(1989年10月 林原美術館)
・『大学院文学研究科開設記念 鶴見大学図書館蔵貴重書展目録』(1989年7月 鶴見大学)
・国文学研究資料館編『逸翁美術館蔵国文学関係資料解題』(1989年3月 明治書院)
・『大阪青山短期大学創立二十周年記念所蔵展観目録』(1987年5月 大阪青山短期大学)
・『松井文庫名品展Ⅰ 松井文庫の絵画と書跡』(1987年4月 熊本県立美術館)
・『定家様』(1987年 五島美術館)
・『道風記念館 開館五周年記念特別展 八幡切』(1986年10月 春日井市道風記念館)
・『芸林拾葉 鶴見大学図書館新築記念貴重書図録』(1986年10月 鶴見大学図書館)
・『昭和58年秋期特別展 茶の湯と掛物Ⅲ 宸翰』(1983年10月 茶道資料館)
・『書学』第29巻第10号「特集 懐紙Ⅰ」(1978年10月 日本書道教育学会)
・『古筆展 平安和様書の美』(1971年2月 BSN新潟美術館)
・『昭和四十三年秋 古筆と蓋置展』(1968年9月 藤田美術館)
古筆:論文
(6件)
・森井信子「大英図書館蔵「御手鑑」の報告」(『国文鶴見』第37号 2003年3月)
・久保木哲夫「大手鑑の研究」(善光寺本坊大勧進宝物集刊行会『善光寺本坊大勧進宝物集』所収 1999年4月 郷土出版社)
・日下幸男「聖護院蔵『古筆大手鑑』について―勅撰集切れの紹介―」(『王朝文学研究誌』第3号 1993年9月)
・小島孝之「井上宗雄所蔵古筆手鑑について」(『立教大学日本文学』第68号 1992年7月)
・曽根誠一・伊豆野町子「架蔵手鑑の和歌・物語切抄稿」(『九州女子大学紀要』第22巻第1号 1987年3月)
・徳満澄雄「山内神社宝物館蔵『古筆手鑑』(甲)について」(『高知女子大学紀要』第32~34号 1984年3月~1986年3月)
短冊:影印
(3件)
・北野克『歴代名家短冊帖』(1989年11月 三樹書房)
・小笹喜三『平安人物志 短冊集影』(1973年4月 思文閣)
・佐々木勇蔵『短冊手鑑 心のふるさと』(1966年2月 同刊行会)
短冊:図録
(4件)
・『高知市民図書館蔵 中城文庫 図版・解説編』(2007年3月 高知市教育委員会)
・『鉄心斎文庫所蔵 芦澤新二コレクションより 短冊』(2002年11月 鉄心斎文庫伊勢物語文華館)
・『企画展 珠玉の書 短冊手鑑の世界』(2002年6月 MOA美術館)
・『佐々木勇蔵コレクション 短冊優品展Ⅰ 中世から江戸初期』(2001年3月 岸和田市立郷土資料館)
短冊:論文
(1件)
・島村芳宏「徳川家伝来 短冊手鑑」(『野村美術館研究紀要』第4号 1995年3月)