古筆切所収情報データベースとは?

概  要
このデータベースは伊井春樹・高田信敬編『古筆切提要』(淡交社 1984年)以後に影印刊行された古筆切類の所収情報の検索システムです。古筆切類の図版を確認するための索引としての機能を中心とし、各書目の著作権を侵害する懼れのある情報の掲載は控えています。
検索対象
古筆切の、(1)伝称筆者、(2)名称、(3)作品名・形態、(4)所収書目名、(5)極札等のその他の特記事項(一部未入力)、の各項目の検索ができます。作品名に関しては原則的に各出版物における認定を採用していますが近年の研究成果を踏まえ改めた場合もあります。
所収書目
データはこちらの出版物の図版・解説に基づき作成・抄録しています。
検索対象書目数:168件、データレコード数:22629件(2015.07.01)
備  考
このデータベースは研究・教育等の非営利目的に限り利用可能です。無断複製・加工・転用・転載及び他者への貸与・譲渡はできません。ギャラリー掲載資料の出版物等への写真掲載・翻刻掲載等の手続きは当館の「所蔵和古書・マイクロ/デジタル目録データベース」に準じます。このデータベースはこちらの研究助成等による成果の一部を含みます。

参考資料

 
国文研ニューズ第19号(2010.04)に当館所蔵古筆手鑑(ラ3-27)に所収される古筆切(一部)の紹介があります。
 
国文研ニューズ第20号(2010.08)に当館所蔵古筆手鑑(99-136)に所収される古筆切(一部)の紹介があります。

更新履歴・お知らせ

2015.07.01
トップページをリニューアルしました。
トップページにギャラリーを新設し、当館所蔵の古筆手鑑、古筆切等の画像を閲覧できるようにしました。
2015.07.01
検索対象書目数:168件、データレコード数:22629件