ここで紹介する日本実業史博物館コレクションは、国文学研究資料館が収蔵する日本実業史博物館準備室旧蔵資料の一部です。資料の収集期間は、昭和12(1937)年から19年までです。
日本実業史博物館構想が断念された後、その準備室が収集したさまざまな資料は、昭和26年(1951)に文部省史料館(旧・国文学研究資料館史料館〔通称・国立史料館〕の前身)に一括寄託されました。そして渋沢敬三が没する前年の昭和37年(1962)9月,正式に寄贈となり現在に至っています(コレクション全体の史料群記号は37T)。 旧・国文学研究資料館史料館の所蔵史料を引き継いだ国文学研究資料館が所蔵する日本実業史博物館準備室旧蔵資料は,以下のような資料群に構成されています。 当館の収蔵歴史アーカイブズのコレクションとして利用に供されています。
 器物資料の閲覧・調査については、事前に情報サービス第2係メール jouetu☆nijl.ac.jp(メール送信の際は、「☆」を「@」に換えて送信してください)で事前にお問い合わせください。
現在、11部門のうち、1)絵画 6)器物 7)文書 8)書籍 9)広告から、13,911件(61,964画像)の情報を公開しています。
検索画面へ
〔資料群の部門別公開状況〕
部門 史料群
番号
公開
データ
内容
1) 絵画 37TA 資料情報、
画像
 大部分が化政期(1804~29)以降の作品です。とくに明治初期の浮世絵、いわゆる開化絵と呼ばれるものを中心に、横浜絵・風刺画・おもちゃ絵・銅版画・石版画など、約1,000点あまりの絵画で構成されています。幕末明治期の産業・風俗を知る上で貴重なコレクションとなっています。なお、この絵画の部の概要については、『史料館叢書 別巻1 明治開化期の錦絵』(東京大学出版会、1989年)の解題を参照してください。
2) 地図 37TB 資料情報 データ公開準備中。『史料館収蔵史料目録第11集(1971年)』刊行。
3) 番付 37TC 資料情報 データ公開準備中。『史料館収蔵史料目録第11集(1971年)』刊行。
4) 竹森文庫 37TD 資料情報 データ公開準備中。『史料館収蔵史料目録第11集(1971年)』刊行。
5) 古紙幣 37TE 資料情報 データ公開準備中。『史料館収蔵史料目録第57集(1992年)』刊行。
6) 器物 37TF 資料情報、
画像
 産業経済に関する器物資料。商業に関する道具類が多く、看板類200点、講社札50点、鑑札500点、銭箱・千両箱110点、帳面箱・帳場箪笥・帳場机・船箪笥20点、算盤30点、銅印600点、金枡100点、分銅180点、矢立500点、行灯21点があり、紙に関する伊勢辰コレクション1,179点などがあります。
7) 文書・ 8) 書籍 37TGH 資料情報、
画像
 文書と書籍は以前から通し番号が付されており、それを活かす形で一括公開することにした。合計6,975点。
9) 広告 37TI 資料情報、
画像
 引札類165点、ちらし17点、広告17点、略暦引札27点、商標ラベル201点など572点です。「広告の部」の収集者は、「うさぎや」「粋古堂」などの古書店と逓信博物館の樋畑雪湖が交通関係・運送関係の広告を収集しました。
10) 写真 37TJ 資料情報、
画像
データ公開準備中。当館閲覧室において閲覧できます。
11) 準備室
  アーカイブズ
37TK データ資料情報、
画像
データ公開準備中。当館閲覧室において閲覧できます。
ページトップへ