史料情報共有化データベ−ス

おしらせ

本データベ−スは、全国の歴史資料保存利用機関が閲覧公開する史料情報を、学術研究・史料保存活動に関係する人々をはじめ、歴史資料に興味をもつ全ての人びとに、インターネットを通じて広く提供することを目的に作成されました。史料情報のデータ構築は、目的に賛同いただいた歴史資料保存利用機関との協業によります。当面、掲載される情報は限られますが、諸機関との協力体制を構築し、より多くのデータを搭載できるよう努力してまいります。利用者の方々にもご支援の程お願いします。 →本データベース開発の経過・報告

歴史資料保存利用機関の皆様にお願い申し上げます。本データベースは、現在、各機関で公開している史料群情報を、インターネットを利用して広く利用者に提供することを目的に、Webという仮想空間上に設けられた史料への案内板です。
本システムでは、機関ごとに公開史料情報の掲載が可能であり、機関を越えた史料情報検索を実現します。史料情報の内容は「国際標準:記録史料記述の一般原則;ISAD(G)」第2版(以下「ISAD(G)2nd」)に準拠しました。本システムを歴史資料保存利用機関共有のものとして、関係諸機関に全面的に開放するものです。アーカイブズにおける情報環境・利用環境刷新のため、ご参加の程お願い申し上げます。 →史料情報の登録についての案内

データベース・メニュー