連歌・演能・雅楽データベース
(Renga・Ennou・Gagaku Database)
連歌・演能・雅楽データベースについて
このデータベースのうち、連歌と演能のデータベースは研究者グループの壮大な取り組みで作成された素晴らしい物である。さらに、今後も拡張される可能性があるが、とりあえずは完成している。それを今回は一つの検索システムに統合した。使いようによって面白い検索も可能になっている。 雅楽データベースは、この連歌と演能データベースの公開システム再作成の機会に、何らかの情報レベルの向上を企図しようと試みに作り始めたもので、まだ、ほんの入り口にすぎない。とりあえず、玉葉と御堂関白記からデータは採録してみたが、まだとても有用な段階ではない。これは今後の予算の獲得があるかどうかにもより、こういうデータベースが有用であるとの大方の評価が得られるかにもよって、向後、長い年月をかけて消長が決まるものと思う。 ご利用いただいて、ご意見を賜れば幸いである。
国文学研究資料館 中村康夫